診療方針

院内

手・足のしびれ、いたみ、腰痛、肩こり、ひざ・肩のいたみ、その他関節のいたみや交通事故や仕事、スポーツによるけが、成長期のいたみや関節リウマチ・痛風など関節・骨に障害がおよぶ疾患すべてを診療させていただいています。
最近は整形外科も専門化が進み、より高度な知識や技術が要求されています。当院では何が原因でいたみや、しびれ、運動障害などがおこっているのかを適切に診断し、患者さんと一緒に治療に取り組んでいきたいと思います。
地域の医院ですので、どんな些細なことでも丁寧に対応させていただきますのでお気軽にご相談にいらしてください。

診療時間・診療科目

診療時間表

整形外科/リウマチ科/リハビリテーション科

[休診]水・土曜日午後/日祝日
診療予約:有り/入院設備:無し

当院の特色

超音波(エコー)診断装置を用いた正確な診断

まだまだ整形外科ではなじみの少ない超音波(エコー)診断装置を利用して、靱帯や腱、軟骨の評価を行い、腱鞘炎に対する注射や末梢神経のブロックを行います。
スポーツによる障害で特に有用です。


ヒアルロン酸の関節注射

関節の変形やリウマチ患者さんには関節注射を行っています。


骨粗鬆症治療

X線骨密度測定装置、血液、尿検査を用いた正確な診断をもとに、患者さんに適した治療薬を選択しています。


ブロック治療

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、坐骨神経痛の患者さんには腰部硬膜外ブロック、神経根ブロック、仙骨ブロックを行い痛みを軽減させます。
手のしびれに対しても神経ブロックを行います。


リウマチ疾患の治療

関節リウマチの治療は内科的治療、整形外科的治療、リハビリテーションをうまく組み合わせて行うことが必要です。
当院では薬物治療[抗炎症剤と抗リウマチ剤(DMARDともいわれています)]とリハビリテーションを行い、整形外科医としての経験を生かし、手術が必要かどうかを判断しながら総合的に治療していきます。免疫抑制剤や生物学的製剤を用いた治療も行います。

最新設備のご案内

X線骨密度測定装置

X線骨密度測定装置

骨粗鬆症の早期診断には腰の骨や大腿骨での測定が重要です。
病院で導入されているものと同程度の精度を持った装置です。


超音波(エコー)診断装置

超音波(エコー)診断装置

骨に異常はなくても痛みがある場合は、骨以外のやわらかい組織(筋肉、靱帯、腱、軟骨など)が損傷している可能性があります。超音波検査でそれらを診断したり、超音波を見ながら最適な場所に針を刺したりすることができます。


電子カルテシステム

電子カルテシステム

カルテやレントゲンデータがパソコンに保存されているため、画像検査や血液検査の見直しや説明が簡単にできます。
会計時間も短縮でき待ち時間を減らすことができます。


リハビリ室

リハビリ室

最新のウォーターベッド、けん引装置、低周波、干渉波、赤外線治療器で治療を行います。
運動療法の指導、訓練も行っています。


X線・透視撮影装置

X線・透視撮影装置

レントゲン撮影だけでなく、透視撮影が可能なレントゲン装置ですので肩の脱臼や骨折の整復もレントゲンを見ながら治療することができます。さらに神経ブロックもレントゲンをみながら安全に行うことができます。